CLUB ONOFF ONLINE SHOP

Monthly pick up・10月





最適なクラブを選択する上で重要なポイントのひとつである「シャフト」。重量、フレックス、キックポイント、トルク、振動数などシャフトごとに数値が異なります。オノフには、ウッド用に3タイプのキックポイントのシャフトを展開しております。それぞれの特性からお好みのシャフトをお選びください。


 CLUB -ウッド用シャフト- 

-シャフトの基本について-

【重量】重過ぎると振り切れず、軽すぎるとスイングが緩み不安定なスイングにつながります。また18ホール同じスイングを保てるような重量であることも選ぶ上で大切な基準となります。

【フレックス】シャフトの硬さ・柔らかさを示します。フレックスはスイングスピードと大きく関係します。適切なフレックスでないとタイミングが合わず、飛距離ロス等につながります。オノフでは<レディス「L:34m/s以下」「A:38m/s以下」><メンズ(赤標準カーボン)「R2:32-39m/s」「R:35-42m/s」「SR:37-44m/s」「S:40-47m/s」>が主な基準となっております。

【キックポイント】シャフトのしなるポイントを表します。先調子はシャフトの先端部(ヘッド側)、中調子はシャフトの中央部、元調子はシャフトの手元側がしなりやすくなっています。先調子のほうがヘッドが走り、弾道が高くなり、元調子は弾道が低くなる傾向にあります。

【トルク】シャフトのねじれ度合いを表します。

【振動数】シャフトの硬さを表します。硬いシャフトは数値が高く、やわらかいシャフトは数値が低くなります。



-オノフのシャフトについて-

オノフのシャフトには各クラブの標準シャフトに加え、"LABOSPEC SHAFT"と呼ばれるタイプ別のシャフトがございます。LABOSPEC SHAFTは「先調子系のHASHIRI」「中調子系のSHINARI」「元調子系のTATAKI」の3タイプに分けられ、重量別にラインアップしています。

ウッド用シャフト ポジショニングマップ



-「クラブパス」と「フェースアングル」の関係性-

現在のスイングにあったクラブ(ヘッドとシャフトの組み合わせ)を探し出すためには、スイングの「クラブパス(インパクト時のスイング軌道)」と「フェースアングル(インパクト時のフェースの向き)」とシャフトの特性の関係を知ることが重要になります。


「最適なフェースアングル」 =「クラブパスとターゲットラインの中間の角度(クラブパスの半分)が最適値」となります。(ただし、ロフトによって曲がりの度合いは変化する)

<シャフトの傾向>
●クラブパスに対してフェースを閉じたい場合:先端がしなる「先調子のHASHIRI系シャフト」
●クラブパスに対してフェースを開きたい場合:手元がしなる「元調子のTATAKI系シャフト」
がお勧めとなります。

ONOFF FITTING LABO ROOMでは、弾道測定器トラックマンを使用し、スイングの「クラブパス」「フェースアングル」を測定することが可能です。自分自身のスイングタイプを理解することがよりゴルフを楽しむことにもつながります。スイングタイプを測定したのちオノフのフィッターが最適なクラブ(ヘッド・シャフト)をご提案させていただきますので、ご興味のある方はこちらよりご覧ください。


-オノフのスイングタイプ別お勧めラインアップ-
3種類のスイングタイプより、ドライバー(ヘッドとシャフトの組み合わせ)を軸にお勧めラインアップをご紹介いたします。

【スイングタイプ①】スイングスピード:36-38m/s、ボールがつかまらず右に出ることが多い。ボールの高さも出したい。
*お勧めドライバースペック:ボールのつかまりがよく、打ち出し角が高くなる「先調子のHASHIRI:40(R)」に、重心距離が比較的短くヘッドターンのしやすい「赤のヘッド」を選択。トップでのためが強い方にお勧めの組み合わせです。

DRIVER AKA HASHIRI:40(R) / FAIRWAY ARMS AKA HASHIRI:40(R)





【スイングタイプ②】スイングスピード:44-46m/s、パワーがあり中~重量級の重さが欲しい方。安定性を求め中弾道のボールが好み。
*お勧めドライバースペック:シャフトの動きが少なく、操作性の強い「中調子のSHINARI:60(S)」をチョイス。60g台で比較的重量があり、トルクも3.0と絞ってあるシャフトに、赤より重心距離が長くシャフト軸慣性モーメントが高い「黒のヘッド」を装着。シャフト、ヘッドともに素直な動きでコントロール性の高い、中弾道・ストレートのボールを打つことができます。

DRIVER KURO SHINARI:60(S) / FAIRWAY ARMS KURO SHINARI:60(S)





【スイングタイプ③】スイングスピード:41-43m/s、左のひっかけが多くフックで悩んでいる。スイングはトップでのタメが少なく、スイングのテンポがはやめ。
*お勧めドライバースペック:インパクト時にヘッドの返りを抑制する性能をもつ「元調子のTATAKI:50(S)」を選択。元調子のシャフトはインパクト時にヘッドが立ち、打ち出し角を抑えることができます。スピン量も抑えられるので、ランが稼ぎやすい傾向にあります。元調子シャフト+重心アングルの少ない「黒のヘッド」の組み合わせでフックボールを抑えることができます。

DRIVER KURO TATAKI:50(S) / FAIRWAY ARMS KURO TATAKI:50(S)





 APPAREL -2019 Autumn&Winter- 

9月20日よ新発売となったアパレル 2019 Autumn&Winter。10月に入りゴルフのハイシーズンとなり、過ごしやすい気温に落ち着きました。プレー中は快適な気温でゴルフを楽しむことができますが、早朝は気温が下がり肌寒いときもあると思います。オノフのアパレル 2019Autumn&Winterは「吸汗速乾」「抗菌防臭加工」機能を備えた長袖ポロシャツや、ラムウールを100%使用したセーターなど、気温の変化に適応したラインアップとなっております。
長袖ポロシャツ(OPR101/OPR601)はメンズ、レディスともに3カラーを展開。襟にはイギリスのスクールカラーデザインをイメージした2本のラインとオーマークを編みこみ、スポーティさと上品さを両立させています。セーター(OPE102/OPE601)はスコットランドの伝統的なフィッシャーマンズセーターをオノフ用にデザイン。繊維質が細く軽く暖かく、柔らかい生地になっており、ゴルフ・カジュアルシーンどちらでも着こなすことができます。これからのシーズンを新しいクラブ・ウェアでゴルフをお楽しみください。



メンズ コーディネート
長袖ポロシャツOPR101 / ラウンドネックセーターOPE102




レディス コーディネート
長袖ポロシャツOPR601 / ラウンドネックセーターOPE601





◀ 前画面に戻る

現在、商品はございません。

CLUB ONOFFとは・・・

赤シリーズ

黒シリーズ

for LADY

ONOFF_買い替えサポ

GⅢ(ジースリー)