2019.07.18

[Part. 24]

Part. 24 2019 大城さつきインタビュー

今季国内女子ツアー前半戦が終了し、早くも後半戦に突入した。チームオノフの大城さつきは、アース・モンダミンカップまで16試合に出場してベストテン入りが計3回、同時点で賞金ランキング28位。最終日首位スタートは2回を数える。だが、まだ勝利の美酒を味わってはいない。ツアー初優勝に最も近い選手のひとりとして注目を集めている大城プロに近況をインタビューした。

- 今季はツアー2戦目のPRGRレディスカップ最終日に首位タイスタート。ツアー初優勝のチャンスを早くも手にしました。結果は6位タイでしたが、好調な滑り出しでしたね。

大城いつも応援して頂き有難うございます。皆さんの期待に応えられていないのが残念です。ごめんなさい。

- 優勝は時の運もあり、結果ですから…。それ以降も何度か優勝争いに加わっている。チャンスをモノにする時が来そうな雰囲気が漂っています。

大城そう言って頂けると嬉しいです。

- たとえばアース・モンダミンカップ初日は、強風が吹き荒れた中、4バーディー・1ボギーの69、6位タイ発進でした。コースコンディションの悪さは気にならないのですか? それもバーディースタートでしたよね。

大城風はまったく気になりません。風がいつも吹いている沖縄でゴルフを覚えたので(笑)。他の選手から風をどう読んで、クラブを選択し、どう打っているのかと尋ねられることが少なくありませんが、体が感じることを最優先させているだけです。感覚ですね。たとえば、風の強さもありますが、右からの場合、右の林の上方に打ち出したなら風で戻されるはず!と思って躊躇なく打てる。ホント、そんな感覚で対応できてしまうんです。

- 無闇やたらと考えず、感じたまま、フィーリング重視で対応できてしまう。さすが沖縄育ちですね。

大城沖縄出身の(比嘉)真美子や(新垣)比菜に聞いても私と同じことを言っていました。感覚だと。

- それでバーディー発進?

大城ここ数試合は大会初日のスタートホールでなぜかバーディーが取れているので、「今日もバーディー発進!?」みたいに勝手に思い込んでいます。

- ポジティブな考え方ですね。

大城最近は随分変わったんです。知人から「ゴルフの話をする時はネガティブだね」と指摘されたのが切っ掛けで、何事もポジティブな考えするようにしたのです。ですから、悪天候でも風が吹いていてもスコアが出せると思えるようにもなった。それがバーディー発進につながっているのかも知れません。

- 前向きな考え方が上位で争える機会を増やしたのでしょうか。

大城いろいろな要因があると思います。チームオノフの(飯島)茜さんとオフ合宿を過ごしてから、様々なことを茜さんに聞いたり相談したり、アドバイスを頂いたりするようになったのが大きいですね。今でも練習場でのスイングを撮影して携帯電話で送るとチェックしてもらっています。ゴルフコーチであり、先輩であり、友達のようでもある。SNS(ライン)もしている仲なんです。何かと心配もして頂いています。(ツアープロ)選手ですから、プレーヤーの心情も汲み取ってもらえるので、とってもわかりやすい言葉を送って頂けます。

- 心強いですね。それがベストテン入り3回にもつながっている。あとは初優勝達成を残しているだけ…。

大城最終日に成績を残せていない。優勝を逃していますが、その要因はプレッシャーではなく、予選ラウンドから上位でプレーしていることで「脳が疲れてしまっているから」だと、また別の知人に言われました。脳疲労によって本来のパフォーマンスを発揮できなくなるのだと。
それもあるのかも知れません。勝てそうで勝てないことが続き、考え込んでしまうこともありましたが、多くの方からたくさんの言葉を頂き、楽になりました。

- 楽になった?

大城そうですね、ラウンドリポーターの小田美岐さんをはじめ、塩谷育代さんや平瀬真由美さんら大先輩たちから経験談を話して頂き勉強になっています。たとえ勝てなかったとしても優勝争いに加わっていることの大事さとか、何度も優勝した選手の2位に終わった回数がそれ以上に多いこととか、その積み重ねの上に優勝があるのだと…。
それまでは、勝つことにだけ固執していた自分がいました。1位以外はダメなのではなく、たとえばベストファイブ入りだったり、パープレーだったりを目標にプレーする。目標設定に幅を持たせるという発想によって余裕が生まれてくることも知りました。

- それもまた優勝争いを繰り返した成長の証や糧なのでしょうね。そんな経緯もあって、開幕当初とは目標が変わって来ていますか?

大城現在はツアー最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップ出場、TOTOジャパンクラシック出場、そしてツアー初優勝の三つを目標にしています。ツアー初Vなら目標3つをクリアーできるんですけどね。

- そう口にできるくらいゴルフの調子も良いのでしょう。

大城サントリーレディースから3番ウッドも「黒」に替えたのですが、ドライバーと同じく飛ぶんですよ! 飛び過ぎてしまっているのが今の悩みです(笑)。オノフのクラブと茜先生のスイング指導が私にマッチしたからだと本当に感謝しています。

- 言葉の一つひとつが前向きで、勢いに乗っている感じが伝わって来ます。初Vを一試合でも早く達成できることを願っています。頑張ってください。

大城有難うございます。ショット同様に飛ばして行きますね!

BACK NUMBER

  • 2019.08.01
  • Part.25
    2019・7・25 飯島茜インタビュー
  • 2019.07.18
  • Part.24
    2019 大城さつきインタビュー
  • 2019.06.20
  • Part.23
    飯島茜プロへの特別インタビュー!
  • 2019.06.13
  • Part.22
    2019 浅地洋佑インタビュー
  • 2019.05.30
  • Part.21
    2019 李知姫インタビュー
  • 2019.05.17
  • Part.20【特別編】
    チームオノフ浅地洋佑 歓喜の初優勝インタビュー
  • 2019.05.10
  • Part.19
    チーム・オノフMENS 開幕戦インタビュー
  • 2019.04.26
  • 【特別編】
    李 知姫プロ、『KKT杯バンテリンレディスオープン』優勝
  • 2019.04.19
  • Part.18
    黄アルムプロインタビュー
  • 2019.03.22
  • Part.17
    2019 開幕戦とツアー展望コラム
  • 2019.03.15
  • Part.16
    2019国内女子プロゴルフツアー開幕
  • 2018.12.27
  • Part.15
    2018 女子プロ座談会
  • 2018.12.14
  • Part.14 伝 昌夫氏
    2018 ゴルフツアーに想う
  • 2018.12.7
  • Part.13 伝 昌夫氏
    2018 ツアー追憶 / 浅地プロ
  • 2018.11.16
  • Part.12 O・サタヤ
    アベレージゴルファーへ、スコアメイクに役立つアドバイス。
  • 2018.11.09
  • Part.11 O・サタヤ
    ツアーでの心構え、トレーニング、アイアンショットのポイントなどをインタビュー。
  • 2018.11.2
  • Part. 10 大城プロ
    飛距離アップやアプローチへのアドバイス。キーワードは「シンプル」。
  • 2018.10.26
  • Part. 9 大城プロ
    国内女子ツアー終盤戦に向けて、目下の目標とは。
  • 2018.10.19
  • Part. 8 飯島プロ
    最高のパフォーマンスを発揮する秘訣を飯島プロにインタビュー。
  • 2018.10.05
  • Part. 7 飯島プロ
    ツアー後半戦への意気込みや新「オノフドライバー赤」を語る。
  • 2018.09.21
  • Part. 6 李プロ
    NEW 赤への想い、飛距離UPの練習法、アプローチの考え方などを語る。
  • 2018.09.05
  • Part. 5 李プロ
    李プロ 新「オノフドライバー赤」で日本タイトル2年連続Vの偉業へ挑む!
  • 2018.08.09
  • Part. 4 李プロ
    稀代のショットメーカー李プロにインタビュー。
  • 2018.06.29
  • Part. 3 浅地プロ
    第二シードを獲得し、飛躍が期待される浅地プロにインタビュー。
  • 2018.05.31
  • Part.2 大城プロ
    新たにオノフ契約プロとなった大城プロにインタビュー。
  • 2018.05.07
  • Part.1 片山プロ
    開幕前トレーニング、今シーズンの手応えをインタビュー。